雑貨は好き?

ハンドメイドや雑貨に関係する仕事をしてたり、そういう事情に詳しいと、「そういうものが好きなんだ」と思われるでしょうね。 でも実は特別「好き」ってわけじゃないんです。自分としては冷静に見ているつもり。自分用に雑貨を買うこと...

long years ago.

90年の夏から秋にかけて、 カイシャに飛ばされてロスアンゼルスにおりました。 その頃は一度アメリカに住んでみたいと思っていたので タイムリーな出来事だったのです。 しかしなぜか「ロスは道を歩いてると撃たれる」という先入観...

ハヤシユカの器

おウチでごはんは至福のひととき。 器がよければさらにオイシイ。 わが家の食器のコレクションは、 生まれる前からあったものと その辺で買えるごく安いものに 地元の作家ものがチラチラっと混じっています。 陶芸家の林友加さんの...

アトリエ

フリーになってからの数年は、 コスチュームなど縫って作る仕事がメインだったのです。 今は制作系の仕事でも、作家さんや縫製スタッフとの共同作業で すべてを自分で作ることはめったにありません。 でも時々、むしょうにちまちまし...

カメラ

ディスプレイやイベントなどの仕事の記録のため、 なくなってしまうものを残すために撮影していました。 小冊子の連載で写真も併せて担当して以来、 たまに撮影の仕事もさせてもらうようになりましたが、 カメラとのつきあいは高校生...

Think old.

昔の建物、古い布、年季の入った道具…。 現代ではできない手の込んだ技法や装飾の数々。 目に映り手に触れる古いものから、とてもたくさんの刺激を受けます。 写真は皇族方も泊まられたという「奈良ホテル」のオイルヒーター。何十年...

ショウ・ウィンドウ

名古屋にも海外から名指しされる程のディスプレイ・デザイナーがいらっしゃるけど、出張の折りに見る東京のウィンドウは、やはり華やか。 高級ブランドやディスプレイ年鑑常連の有名デパートを楽しみにチェックしています。手の届かない...

考えてみると、私は動かないものを撮る方が多いようです。 モノは何も言わないけれども、 見る側にさまざまな感情を与えます。 日常にあるなにげないモノの、 一度として同じではない瞬間を取り残そうとする、 なにか小さい危機感の...

なぜファッションは。

毎年のようにやってくる「流行」「新しいデザイン」。ファッションについて、あなたには自分の定番スタイルってありますか? モード学園時代に先生が言われたこと。 「18歳からこの数年に、君たちがいろいろなものを着た後で好きなス...

創らなければ…

イベントの仕事をすると思うのは、 やらなければ出なかったごみの山のこと。 イベントのごみは産業廃棄物になります。 今もそうなのかしら、分類してもしなくても、 捨てる時は同じだそうです。 だけどこのご時世にごちゃごちゃのゴ...