オレンジのガラス。

瀬戸へ訪ねてオーダーしたガラスのオブジェを、
作家さんが納品しに来てくださる。

汗を拭きながら箱から次々出てくる作品。
18個のすこしづつ微妙に違うオレンジのカタマリが
玄関の板の間にずらずらっと行列した。

マキさんのガラスは、片手で持つほどの小ぶりでも
しっかり厚みのあるダイナミックなボリューム感。
今度これを飾る現場のプラン図には、
「オレンジのタマゴ」と書き込んである。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。