展示会を見ると。

もとはと言えば、名古屋で生活雑貨ショップ向きの
カジュアルをやってる社長がなぜか出てて存在を知り、
その中でショーを後輩の演出家がやってるのを雑誌見て、
行きだしたファッション系の展示会rooms。

別の巨大な会場で出展者側の教え子が言った、
「ココ、おもしろいですかね?」に一考。
こじんまり合同展という域をすでに脱した展示会やイベントは
大きくなると集客も出来るのだが、つまんなくなるのは仕方ない。
いや、つまんないというのは、語弊があるな・・。
見たこともない衝撃的なチームがごろごろしてはいないだけで、
(実際そんな展示会があったら見て終わるかもしれん・・。)
ウチは毎回なんらか仕事につながる人を、
見つけることが出来るので、roomsにはまた行くと思う。

でも見た目だけでも集客は伸びているのかな?
ヒルズの2階建てエレベーターのせいじゃない(笑)と思う。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。