行け、行け、ドンドン行け。

後輩とか教え子も30越えが出てきて、
だれしも転機の1つや2つは訪れるんですが、
メールや電話くれたり、会ったりすると
何か問われるので、まあわかることは答えるわけです。

ひとことふたこと言って、
それはアタシのおかげではなく
本人が行けるからなんですが、
(距離とは限らず)
遠いとこや高いとこへ行こうとするヤツを見ると
うまくいった時のことを考えて、勝手にワクワクします。(笑)

行く気があるなら、どこまでも行くべし。

とりわけ親しかったコだと、
アタシのメールでもそのまま喋り口調が、
ライブ感いっぱいで届くらしいです。
小さくても助けになったと、
思ってくれてたらそれで嬉しい。

では、結果、また楽しくなったら教えてね。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。