なんでもつくるおばさまたち。

今日は親族の集まりで実家へ。
教師で画家で詩人でもあるおばさんとそのお姉さんから、
「豆から作ったのよ〜。」と自作のお味噌を頂戴した。
さっそく夕飯に、じっくりダシをとっておいしくいただく。
お姉さんも畑からお裁縫から、できるものは何でもつくるのだそうな。

私もこどものころ「進路の選び方」について、
ごくシンプルな示唆を受けたのだが、なかなかすてきな先生。
エピソードを1つ。

「小学1年生に宿題を出す時にね、言ったのよ。
『この宿題はちょっと難しいからね〜、出来たらすごい!
お母さんとか聞いてもいいからね、
やれるかなあ〜?やったら凄いよ〜。』って。
そうするとね、宿題忘れるコなんかいないの、ハハハハ。」

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。