会って話せる現代アーティスト。

世界を股にかけてるアーティストから、
ハンドメイドのお母さんから、
必要や興味に応じて色んな人と出会って話してきたが、
どんなジャンルでも、どういうステージでも、
いいもの創る人は、ほぼ例外なく面白く魅力的だと感じる。

準備中の某案件に作品を提供頂く方たちに会って話すと、
みんな並々ならぬ情熱を注ぐ人ばかりなんだ、とあらためて思った。
もちろん作家として活躍してる人たちばかりなので、
当たり前と言えば、当たり前なのだが、それにしても。
「創作が好き」なんて言葉では、とても不十分なのである。
創ることに魅入られてるとでも言うか。

また、こうして会って話せることが、作品の魅力をまた増してくれるように思う。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。