緊張を、楽しむ。

少々緊張する場所や人に会いに出かける時、きりりとした気持ちでその場にいる自分を味わいます。
大勢の人前でもリラックスして見られるようですが、緊張は視線の数の問題ではないんです。

高級なレストランでも、屋台のラーメン屋でも
その場所に似合う自分なりのお行儀で、みんなと楽しく食事する人生の先輩。
かくありたいと思う部分を見せてくれながら先を歩いている人に多く会えたのは、私にとって、とてもラッキーだったと思います。
(photo:ローマ、街のレストラン)

稀温

稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。