アトリエ

フリーになってからの数年は、
コスチュームなど縫って作る仕事がメインだったのです。
今は制作系の仕事でも、作家さんや縫製スタッフとの共同作業で
すべてを自分で作ることはめったにありません。
でも時々、むしょうにちまちました縫い物がしたくなる。
端切れでコサージュ作ったり・・。

オフィスと続きの私のアトリエは、
ストックルームとして使うことが多い現在ですが、
ちょこっとしたつくりもの作業には大活躍。
ミシンはいつもスタンバイ状態。
色別に空き箱に整理したコッパのような布を組み合わせて、
ほんの小物でも何か完成させれば充実感いっぱい。

あなたもアトリエを持ってみませんか?
アトリエ、と言っても構えることはありません。
家の片隅の小さな机1つでも、
道具を入れたバスケットでも大丈夫。
世界のコムデギャルソンも
廊下のデスクから始まったらしいですから。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。