red round dress

名古屋の景観をテーマにしたハイビジョン映像作品用のコスチュームのうちの1点。92年頃の仕事です。
素材はやわらかなコットンスウェード。
スカートの裾回りは約7mあり、動くと重みのあるフレアーの広がりがきれいでした。
写真は本編の終了後の記念撮影でパーツをすべて取った状態。
ここにモチーフのついたケープや帽子がセットされます。
コスチューム制作では大きな衣装をよく作りましたが、
ここまでボリュームあるものはそう多くないです。
2mのフレームの仕掛け付き人形のマントを除けば。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。