名古屋のおみやげ考

帰り道にJR名古屋駅で、おミヤゲ集積のKIOSKを観察したみた。
つっこみ入れたくなる曖昧な名古屋の食事情を喋りながら、
みやげ選択に右往左往する観光客らしいみなさんが多数。
あー迷う〜!でも時間ない〜!という風情の女子(推定18才)に
「それはイイと思いますよ。」と耳打ちしたら感謝された。(笑)

店内にレコード屋みたいなコメントポップや
コンシェルジェがいたら買う方もありがたいのでは?
KIOSKってJRの本社の人に言っとけばいい?

保ちもいいし会社で分けるならコレ!
味覚チャレンジャーにはコレ!
コドモ向け、またはジジババにはコレ!
名物かつ上品さを求めるならコレ!
ういろを最大限においしく食べるには・・・・!みたいなの。

ああ、本来の目的はそうじゃなくて、
Nippon?をきっかけに、内容&包装デザインもきれいな
オミヤゲはあるのか見に行ったのだ。
2つだけ満足できたので連絡とってみる。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。