こづえさんに会いに。

毎年この時期は江南市の「ギャラリー数奇」へ、
ひびのこづえ展にお邪魔する。

実はこづえファン歴20年くらいなのだが、
アートだったり舞台衣装として生まれても、
着ることが出来るということや、
その衣装を素材に戻しリ・プロダクトして
スカートとかバッグとして展開している点が
パークギャラリーの特性に合うのではないか、と思い、
「タイミングが会えば展示を企画したい。」と相談してみる。

こづえさんは徐々に家具や器などで地方産業とのデザインもしていて、
愛知や地元の素材とか製造技術といっしょに作ったものとか、
テレビ塔ならではのことが出来るといいよね、と。
また新たなキーワードの企画が実現すれば、と思います。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。