若冲。

toraのリクエストでテレビ塔近くの愛知県美術館へ。
プライスさんというコレクターの若冲ほか、日本画コレクションの展示。
作品全体としてのオモシロさももちろんなんですが、
細部の筆致やユニークな描法にもワクワク。

表装のバランスにセオリーのようなものを発見。
軸の縁取りで、上下の分量を変えてあるのは、
何かデザイン的な意味があるのかな・・。
作品のボリュームやバリエも充実、
屏風の見え方があかりの変化に連れて変わるシミュレーションなど、
展示方法も素敵なアイディアがありました。
いくつかの軸や屏風の前で、コレ欲しいなあ、って。(笑)
なんか久々に大きな絵を描きたくなりました。

プライスさんがなぜ若冲を集めたのか、とか
作品につけたかわいいコメントなどもチェックしてみて下さい。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。