だれかのサンタクロース。

12月に入って、ショッピングエリアを歩いていれば、
誰かに何かプレゼントしたくなるような棚づくりが
そこここで盛り上がっているのを目にします。
なんだか「楽しむ側」の感じを久しく忘れてましたが、
ふっと無邪気な時代を思いだしました。
枕元にかかっているお菓子の詰まった紙のブーツや、
なぜだかケーキの前に「かやくごはん」を食べるクリスマス会。
(こども会で集会する時はたいていコレだった。)
ウチのサンタがデパートから送ってくれるプレゼント、
庭から掘り出して飾る小さなモミの木のツリー。

この頃のクリスマスイベントと言えば、
デコレーションやギフト商品の内容を考えること、なんですが、
誰かが誰かのサンタになる、お手伝いをしてると思うことにします。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。