ごぶさたの舞台。

フリーになった当時はコスチュームがメインの仕事だったのもあり、
よく舞台を見に行った。
大掛かりな芝居から小劇団、ダンス、パフォーマンスなどなど、
どれもそれぞれに印象深いが、
中でも最もシンプルなステージ?ではないだろうか、
イッセー尾形さんの一人芝居。
東京の友だちによくチケット取れるなと言われた記憶があるが、
ごくまっとうに予約して何度か出かけた。
観るのはほぼ10年ぶりだと思うが、まったく変わらぬスタイル。
10分ごとに「どこかに居そうな老若男女」がかわるがわる現れる。
心なしかご年配のキャラクターを演じる深みが増したような…。

反対に最も大掛かりだった舞台は、
同じ頃に来日初期だったと思うシルクドゥソレイユ。
仕事のからみで舞台裏を案内して頂き、
間近で仕立てや工夫を拝見したのはとても参考になった。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。