その手を見ていた。

若くして飲食業界で有名人と化した友人と
めずらしく明るい時間に会う機会があった。
もともと同級生の知り合いだったのが、
10年経って今や同級生より彼の顔をしょっちゅう見てる。
(同級生の方は元気かな・・・。)
名古屋市内のある古い建物で、
オーナーさんと活性化についての席。
大柄なせいもあるけど、広い掌してたんだなあ、と
しばし隣で語る彼を見ていた。

身の回りがでかくなったり、
公に存在が知られたりするようになると、
知らない人から間接的な情報で自分を判断されることになる。
でも会って話して直接確認しなきゃ、わからないことが当然ある。
あなたはこういうイメージだと思っていました、と
へえ、と思うような感想をもらった経験が何度かあるけど、
となりのクラスぐらいの世界でもそうなんだから。
ちゃんと知って欲しい人には、会いに行かなくっちゃ。

稀温
稀温(キオンステューディオ代表)学生時代から衣装制作、販促企画などの活動を開始。流通と外食勤企業務を経て1991年よりフリー。衣食住のコーディネート、撮影やスタイリングなどを経て、名古屋を中心に大小のイベントや店舗など「場をつくる」プロジェクトに関わる。2016年より尾州のレトロビル「リテイル」で「アール・マテリアル・プロジェクト」を常設化する。